読み物 - 連載モノ - スペシャルインタビュー - 「コント山口君と竹田君」特別インタビュー

「コント山口君と竹田君」特別インタビュー

 初出場だった「お笑いスター誕生」で見事優勝。1983年に鮮烈なデビューを果たした「コント山口君と竹田君」も、この冬共に50歳になった。月日を重ねて円熟した二人の、等身大の「いま」を取材してきた。

50代に突入した心境は?

275.jpg この質問にたいそう前向きな回答をくれたのは竹田君だ。「『50歳だから若さを失った』ではなくて、『若さから開放された』『老いを勝ち取った』と考えたいです。年を取ると動きが鈍くなったりしますが、それだって『無駄な動きがなくなった』とプラス思考で捉えればいい。そんな風に考えると、階段一つ降りるのだって、スリルや達成感を味わう楽しみがある(笑)」。言い回しは軽妙だが、去年腰椎の手術をした竹田君の言葉であるだけに、深いものを感じる。

 一方、相方の山口君の回答はこちら。「僕は人生百年で1サイクルと考えているので(笑)、50歳は祈り返し地点。折り返し地点=生まれ変われる時だと思うんですよ。だからこの機に勉強をしなおしたいです。若いころは、『教訓』だった勉強も、今なら自分で何を学ぶか選べる。特に『読んで』『書く』ことを深めていきたいんですね」。
 実は山口君はコント作家としての顔を持ち、時にエッセイの執筆も。「物書き」として語る山口君は、舞台の上にいる時とはちょっと違う。真撃で理知的な雰囲気が新鮮だ。

これからしたい仕事は?

276.jpg 開口一番「執筆ですね。コントを文章化して出版したい」と山口君。若いころは「コントは読んでも面白くない。演じないと・・・」と思っていたが、「受け取る側の経験によって予期せぬ広がりを見せる、読み物としてのコントも味わい深い」と感じるようになったのだとか。
 またこんな思いも。「昔やったコントを、今演じてみたいですね。若いころは勢いや派手な演出で見せていましたが、経験を積んだ50歳の自分たちなら、違う演じ方になる。言葉の意味を深く掘り下げて、演じる人間一人ひとりの味わいが出るようなコントにしたい」。普段はつっこみが飛び出す口から、芸へのひたむきな思いが溢れた。
 竹田君からは純朴な眼差しと共に、こんな答えをもらった。「50歳になって二人のコントに味が出てきたので、振り出しに戻って楽しみたいです。個人の仕事では団塊世代や年配の方のインタビューやリポートをしてみたい。今の50、60代の方は経験もパワーもあるので、面白いです。老人ホームなどで慰安もやりたいですね」。

どんな熟年生活を送りたい?

 山口君の回答は「人生折り返したので、楽しみたいと思います」。そして「これまで我慢してきた部分ももういいかな、と。いろいろなことをわかった上で『ワガママ』でありたい」と砕けた表情で添えてくれた。

 対する竹田君は気負わない表情でこんな答えを。「他人から見た幸せではなくて、自分が感じる幸せを大事にしていきたいです。そしてこれまでは人の意見に自分を合わせてきたけれど、『私はこういう人間です』と自分を出して、自然体でいきたい」。

 今年デビュー24周年を迎える「コント山口君と竹田君」。積もる年月を見方にした二人は、これからどんな展開を見せるのか。更なる活躍が楽しみだ。 

 インタビューの後、二人の舞台を見た。ボクシングジムの入門希望者(=竹田君)とジムの父親(=山口君)の掛け合いに、客席は大ウケ。場に満ちる笑いの波動に身を任せながら、コントについて語る時の二人の真面目な瞳を思い起こした。

277.jpg 取材終了後に記者をまじえてパチリ。公演前の楽屋での取材にもかかわらず、最後まで気持ち良く応じてくださったお二人。サービス精神に脱帽。 取材・構成:西村信子
/* */