読み物 - 連載モノ - 男と女 - 男の元気は男性ホルモンから 【いつまでも男と女】

男の元気は男性ホルモンから 【いつまでも男と女】

男の元気は、男性ホルモンから 取材・構成=西村信子
語り手:日本臨床男性医学研究所所長 熊本悦明先生

男性ホルモンの低下は不調のもと
 閉経後の女性ホルモンが減少することは良く知られていますよね。男性も熟年になると男性ホルモンが減ります。そうなると性機能の衰えや更年期障害など、さまざまな不調が起こってきます。男性ホルモンが少ない男性はメタボリックシンドロームや病気になりやすく、早死にするというデータもあります。男にとって男性ホルモン減少は大きな問題なのです。

男の体は十人十色

 男性と男性ホルモンの関係を考えるとき難しいのは、個人差が大きいこと。70代で一般的な40代より男性ホルモンが豊富な人もいれば、熟年期で急激に減少する人もいる。女性と異なりバラエティに富んでいるので、個々の状態は検査をしないとわかりません。

「朝立ち」していますか?
 男性ホルモンが減っているかどうかの1つの目安が、いわゆる「朝立ち」の頻度です。実は男性は睡眠リズムに合わせて夜中に何度も勃起しています。このうち目覚めのタイミングと合致したものが「朝立ち」と呼ばれます。一般的に。50~60代だと1週間に1~2回は気づくはずです。

男性ホルモンは足せます
 僕はよく男性ホルモンをエンジンオイルに例えます。高級車でもエンジンオイルが不足したら加速が鈍ったり、トラブルが起きたりしますよね。男にとっての男性ホルモンも同じ。不足分を薬で足してメンテナンスすれば、元気で自信の持てる更年期が過ごせます。不調に心当たりがある方は、一度男性医学の専門医や泌尿器科を受診してみてはどうでしょう。

女性の皆さん、男性の元気回復にご協力を
 僕が診ている患者さんの中には「男として元気を取り戻しても妻が僕の相手になってくれない」という人がたくさんいます。熟年世代にとってのセックスは、いわば生存確認。自分が生きていることを体感する大切な行為です。奥さん、「もう興味がない」なんて言わずに、ぜひ協力してください。イキイキ元気になった旦那に会えますよ。

チェックリスト!あなたの男性ホルモンは大丈夫?
□1週間のうち1度も朝立ちに気づかない
□やる気・元気が出ない
□不眠である
□疲労を感じる
□肩がこる
□手足が冷たい
□寝汗をかく
□動悸がする
□胃腸の調子が悪い
□お腹周りに肉が付いた

熊本悦明先生 プロフィール
1955年東大卒、札幌医科大泌尿器科学名誉教授。日本Men'sHealth医学会理事長として中高年男性のための医学・医療発展に尽力中。日本臨床男性医学研究所(城西クリニック内/所在地新宿)の所長として、男性更年期治療にも携わっている。
/* */