読み物 - 連載モノ - 男と女 - 熟年女の言いたい放題 特集【いつまでも男と女】

熟年女の言いたい放題 特集【いつまでも男と女】

女の言いたい放題
熟年4人のおしゃべり、ちょっと覗いてみませんか


駒田さん・・・パート勤務 一男一女、夫(現役勤め)と2人暮らし(51歳)
田辺さん・・・自営業経営 30代で離婚後再婚。前夫との間に一男一女(55歳)
庄司さん・・・事務職 30代で離婚。以来独身。一男すでに独立(59歳)
富田さん・・・元音楽教師 一女一男、夫(定年)と2人暮らし(54歳)
※すべて仮名

人生楽しまなくちゃ


駒田 今、旦那様以外の男性との付き合いってある?

田辺 不倫してるかって事?私にとって恋愛はレクレーションね。いい男がいたら、ちょっかい出してみる。男と女、駆け引きみたいなのってあるでしょ。それが楽しい。だからドロドロの深い関係はないわ。

庄司 ドキドキする感じだけを楽しむってこと?

田辺 そう、人生楽しまなくちゃの精神。

庄司 肉体関係も、ってこと?

田辺 もちろん。もったいないと思うわ。これからの人生、チャンスは逃さない。

庄司 でも肉体の障害は高くなるわね。この歳になると相手にスッピンも見せられるか、垂れたおっぱい触らせていいものなのか、なんて考えちゃう。

男は夫だけ

駒田 私は食事や映画に行ったりするボーイフレンドは何人かいます。

田辺 ただの友達?疑わしい。

駒田 学生時代の友達や元同僚だち。私としては「楽しまなくちゃの精神」のみでお付き合いをしてます。女友達と出かける時と違って、ちょっとしたスリル感もある。お洒落も気合が入る。でも今のところ男と女の関係じゃない。

庄司 今までに一線を越えちゃうかな、と思ったことはある?

駒田 ある。でも、とどまった。そんな簡単にドラマのようにはならないわ。

田辺 遊びならいいじゃない。

駒田 最近そう思うこともある。若いときと違ってシガラミは少ないものね。

富田 遊ぶなんて!私は男として意識するのは夫だけです。ほかの男性にはまったく興味がありません。

駒田・田辺・庄司 エー、ホント?

富田 30年の夫婦生活で私たちはいつも一緒。私は友達よりも主人です。だから買い物も、旅行も主人と一緒。

駒田・田辺・庄司 すばらしい!

友達感覚がベスト


駒田 庄司さんは離婚後、ずっと1人で? パートナーにと思う人はいなかった?

庄司 付き合った人はいましたけど結婚まではいかなかった。今はシニア対象の「出会いの会」に入会しています。

駒田 今まで、紹介された人でいいなと思う方いた?

庄司 残念ながらいません・・・。

田辺 離婚暦があると、どうしても前の夫と比べちゃう。だから難しいよね。

庄司 そう、私の場合、性格の不一致で別れたから、同じ間違いはしたくないし。

駒田 ステキな人が現れたらどんなお付き合いをしたい?

庄司 男性は一緒に共感できるものがある人がいい。あと、自立している人。だからお互いの生活時間には割り込んでいきたくない。例えばお互いに忙しい時は会うことはしなくてもいい。

駒田 でも、それだと恋愛にならないのでは?

庄司 そうですね。自分の時間は守っていきたい、という気持ちが強い。だから欲しいのは恋愛相手というより友達感覚のパートナーかな。

自分勝手と介護はNG

駒田 嫌いな男性のタイプは?

庄司 自分勝手な人。紹介された人で経済とか、仕事の話ばかりする60代の人がいた。こちらの気持ちなんかおかまいなし。1度でごめんなさいしました。

駒田 でも自分の趣味とか、好きなことの話ができる男はいいなと思うけど。

庄司 程度によりますよね。

駒田 だいたい熟年女はおしゃべり。だから話がしたい。聞き役は苦手ですよね。

田辺 あと、経済的には自立していても、生活面ではグズグズってう人も嫌よね。

庄司 「お前の手料理が食べたい」って言葉。ぞっとします。それって家政婦さんの代わり? って思っちゃいます。

田辺 「介護婚」ていわれるんですって。

富田 男はいつまでも甘えてきますよ。でも私は尽くしたら、それだけのことが返ってくると思っています。「ありがとう」って言う気持ちで幸せが生まれる。それを続けたいです。

快感は必要

駒田 それは気持ちだけ? 体の快感は?セックスは?

庄司 残念ながら、今は相手はいないけれど、セックスしたいなと思う時もあります。相手に対する気持ちがオーケーなら体もオーケーです。

田辺 今のダンナは年下なので、それなりに求めには応じます。それが円満の秘訣だと分かっているから拒否しない。

富田 お誘いがあれば・・・。でもこの歳になると行為が全てではないと思います。触れ合うだけでもいいことじゃない。

田辺 夫とプラトニックラブ?

富田 更年期が境になったのかもしれません。体がつらい時期もあった。その時は夫のいたわりで乗り越えました。

駒田 女はだんだん、快感どころか痛みさえ感じる事もあるらしい。だから夫のためにと婦人科でホルモン治療している人もいるんですって。

富田 男は女の体をもっと知るべきでしょうね。

田辺 セックスは大切、この人が私のパートナーなんだと思う実感がわくから。

駒田 それって確認作業?

浮気、許す?

駒田 もし旦那様が浮気をしたらどうう思います?

田辺 浮気相手には私の替わりしてくれてありがとうって言う。面倒なことはあなたに任せた、みたいな。

駒田 やきもち焼かない?

田辺 焼かない。でも夫やパートナーの浮気で悩んでいる人はホントに多い。そんな人は気持ちや行動が相手にばかり引きずられている。もっと自分中心に考えればいいのに、と思う。

駒田 例えば?

田辺 帰宅の遅い旦那に「どうして遅いの!」と怒鳴れば相手は黙って寝ちゃう。「お帰りなさい。お茶でも飲む?」と声をかければ「うん」と言って自分のほうに心が向く。そんな所から会話が始まれば、こちらが主導権を握れる。

富田 私には信じられないわ。最近寝室は別という人は多いですよね。離れてはいけない。肌を近くに感じていることは大切です。

いつまでもいい関係を

駒田 これからの人生パートナーとはどうありたい?

富田 今まで知らなかった主人の良いところに、リタイア後気付いた。もちろん嫌な部分もあるけど全部ひっくるめて2人の時間も大切にしたいです。これからが夫婦の楽しみの時ですから。

庄司 もし、好きな人ができても多分同居はしないと思う。淋しいとは思うけれど、熟年の恋愛は感情の盛り上がりだけではないから。

田辺 互いを「同体」と考えちゃうことが間違い。所詮は他人の関係、これを長年一緒にいると忘れちゃう。違って当然と思えば認め合えることもある。

服を脱がせたい女性

駒田 女としてこれからどう生きていきたいですか?

富田 私はこれまでも、これからも夫あっての私。だからわざわざ女の部分なんて穿り出すようなことはしません。

駒田・田辺 女の鏡!

庄司 50歳過ぎて当時付き合っていた人に「いつまでも服を脱がせたい女性でいてほしい」って言われたことがあります。

駒田・田辺・富田 すごい!かなり刺激的な発言ね。

庄司 私は派手でないし、セクシーではないと思うのでびっくりしました。今でもこの言葉を忘れずにいます。

富田 女は外見だけじゃないっていうことですね。なにが男心をくすぐるのかしら?

庄司 そうね。セクシーって何かしら。

田辺 でも女たるもの、お洒落も忘れちゃだめ。何歳になっても恋してる女性は若い。

駒田 お洒落は自分のためだけじゃなく、パートナーのためでもあると思うわ。

富田 私は夫の前で1番綺麗でいたいです。

駒田・田辺・庄司 それはお幸せですこと!