読み物 - 連載モノ - 男と女 - 「源氏物語」はエロい? 実録【いつまでも男と女】

「源氏物語」はエロい? 実録【いつまでも男と女】

「源氏物語」はエロい?
千年前の性愛の書を読む。


去年「千年紀」を迎えた源氏物語。王朝で繰り広げられる男と女の世界に性の物語として大胆な解釈をつけた書が多く発表された。多くの女性ファンがひきつけられたその内容とは。

「ナビ」で知るリアルな性の描写

 源氏物語は多くの訳本がある。古くは与謝野晶子、谷崎潤一郎訳など、それ自体がすでに古典だ。瀬戸内寂聴は恋愛小説としての視点を強く出し、人気を博した。
 そして今注目したいのがエッセイスト大塚ひかりの近著全訳「源氏物語」(ちくま文庫)。そこには「ひかりナビ」といった作家独自の注釈が随所に入る。例えば『セックス政治が行われていた平安時代、性愛のもつ意味は重く~』と述べた上で、『~元来古典にはリアルな性の描写はない。「見る」「語らふ」などといった言葉がSEXを表していた』と解説する。このナビを元に読み解いていくと、源氏のエロさと女性たちとの愛の駆け引きの描写がなんとリアルに描かれていることか。

ホントは平安時代の性書だった

 女性像に斬新な解釈をくだす女性作家もいる。たとえば源氏の母の桐壺。帝の強い寵愛を受け、周囲の妬みに耐えかねて死んだ、とされているが、「帝とのイトナミが激し過ぎて死んだ」とする独自説も発表されている。
 これが性愛が唯一の娯楽といってもいい『千年前の息吹を今に伝える(大塚源氏物語表紙より)』、源氏物語の真の姿なのだろう。

男性は恋愛テクをお手本に
 渡辺淳一は「熟年革命」(講談社)の中で、いつまでも若くあるために「口説」が大切と解いている。その手本としていとも簡単に女性を口説きおとしている光源氏に注目、恋愛のテクニックを参考にすべし、とすすめている。

 学校の授業では決して教えてくれなかった解釈に興味は尽きない。古典文学の艶やかな世界、のぞいてみては。

(構成 小泉裕子)
/* */