読み物 - 生きる - お金・資産 - 選択肢いろいろ~現代お墓事情 特集【元気な今こそ考える「終活」】

選択肢いろいろ~現代お墓事情 特集【元気な今こそ考える「終活」】

特集!元気な今こそ考える「終活」
--「終活」それは自分のエンディングに向けた準備のこと。週刊朝日の連載で使われて以降、認知度上昇中のコトバだ。死は等しく誰もが避けられないもの。続く人生をますます謳歌するためにも、タブー視せず、「終活」について、真撃に考え学んでみたらどうだろう。

【お墓編】
選択肢いろいろ~現代お墓事情
 菩提寺の墓に先祖と入る--今やそんな人は少数派だ。核家族化や地方の空洞化、さらに少子化などにともない、様変わりしているお墓。あなたは、どうする?

「〇〇家の墓」でない、選択
 「お墓は家単位」という常識はすでに過去のもの。例えば後継ぎ同士の夫婦が2つの家を合葬する両家墓。例えば夫婦だけのお墓や、自分好みのデザインの1人用のお墓。見ず知らずの人と共同墓で眠るという選択もあれば、ペットと入れるお墓すら登場している。従来の家単位のお墓も含め、誰と入るかが選べる時代になってきているのだ。

後継ぎ不要、永代供養墓
 「継承される墓」という図式も崩れつつある。後継ぎがない、子供に苦労をかけたくないといった人のニーズに応える形で、後々の供養を任せられる永代供養墓が増えている。最初から他のお骨と合葬されるものや、骨壷などで預け一定期間を経た後に合葬されるもの、最後まで合葬されないものなど、さまざまなタイプがあり、概して普通のお墓より安価。引受先は寺院が一般的だが、民間企業や宗教法人が運営するケースも。責任を持って末長く管理してくれる所を見極めよう。

イメージ一新!新しいお墓
 「これがお墓?」というような新しいタイプも出てきている。芝生やバラが配された公園のような洋風墓地。極小スペースにお骨を納めるお寺の一画の墓地。フロアにズラリとお墓が並ぶ9階建ての屋内霊園。小洒落た建物の納骨堂。このような新しいお墓は永代供養が前提の個人や少人数用のものが多いが、中には次の世代に継承できるものもある。

大地に、海に、空に眠る
 「墓を持たない」という選択肢もある。海や山に細かく砕いた骨をまく散骨や、墓石の代わりに木を植える樹木葬などだ。散骨の中にはカプセルに納めた遺骨をロケットで打ち上げる宇宙葬も。送る側の人が抵抗を感じるケースもあるが、一部をお墓に入れるなどの折衷案をとれば実現しやすい。
/* */