読み物 - 読者コーナー - 読者の広場 - 読者の広場 テーマ「私の健康法」

読者の広場 テーマ「私の健康法」

継続は力なり
 「玄米食」は40年前に知った。今でこそ広く認知されている健康法のひとつ、当時は全くの無名、むしろ異端視されていた。かかりつけの医者は「あんな消化に悪いものは食べないほうが良い。農薬が多く残留している部分まで食べるのは危険だ」とまで言う。しかし私は実行に移した。数日もすると便通がとても良くなった。それで玄米食の良さを確信したが体調はすぐには良くならなかった。かすかな不安を抱きつつ5年も続けた頃、体質の変化を実感した。どんな健康法も続けることが大事だと思う。 (清瀬市 MH)
自分の身体のことは自分が1番分かっているということでしょうか。(山)

脳トレ?
 翌日絶対にしなければいけないことを取捨選択し覚えて寝る。例えば、昨夜は小銭袋から1000円を使ったのでその補充と息子への電話。目覚めたら先ず頭の中で昨夜の内容を反復し、できるだけ直ぐやる。これだけのことだがやり続けていると楽しく、脳にも生活にもよいのでこれからも続けていくつもりだ。 (狭山市 NA)
忘れてしまったらどうしようと心配で眠れないかもしれない私。(春)

日々の生活の中で・・・
 私の健康法の1番の特徴は、そのための時間をとるというより日々の生活の中で運動や呼吸法、ストレッチをとり入れているところ。電車や信号待ちの時は、なるべく人に気づかれないようにストレッチや表情筋トレーニング。テレビのコマーシャルの時、野菜をゆでている時などは、手先から、首回し、腰回し、足首、膝、顔のストレッチ。無理はしないが、ひとつの動作を意識してわざと筋に負荷をかける。そして風呂は何もせずゆったりと入る。 (入間市 KA)
何かのついでにやるというのが長続きするコツなのかもしれません。 (泉)

気持ちがポイント
 メンタルこそ健康で平穏な暮らしの鍵だと思う。私のモットーは「来るものは拒まず、去るものは追わず、人とは争わない、欲はかかない」。遊びも仕事も余裕の範囲で、時間があれば寝る。これって普通の事と思うが、気がつくと結構何かにこだわったり、人よりいいものが欲しくなったりして、その度、怒ったりいらいらしたり、むずかしい。頭でいろいろ悩んだり考えたりしなければ自然と何でもおいしく元気でいられるもの。あまり「健康、健康」と意識しないほうが毎日楽しいと、20才も年上の方に教わった。 (所沢市 TA)
心の病気今多いですよね?ストレスが原因ってよく聞きます。(山)

社交ダンスとヨガ
 移動はほとんど車なので足腰が弱くならないように、週3回の社交ダンスと夜、寝る前ヨガを楽しんで続けている。体がいつものように動かないと不調がわかるので、ストレッチを工夫したりする。快眠、快食、快便のうち特に快便には気をつけている。 (狭山市 HS)
社交ダンス楽しそうですね。精神的にも身体的にも健康でいられそうでうらやましいです。(春)


バナー