読み物 - 生きる - 健康第一 - 【教えてドクターQ&A】狭山市 みやかわクリニック

【教えてドクターQ&A】狭山市 みやかわクリニック

Q胃がもたれ、げっぷが続いています。どのような病気が考えられますか?
Aまずは、かかりつけ医に相談して、検査を受けましょう。

 一時的なものではなく、症状が続いているというのであれば、食道から、胃、十二指腸の上部消化管と呼ばれる部分の検査が必要だと思われます。検査は、レントゲンや内視鏡を用います。それぞれに一長一短がありますが、内視鏡検査は先端に小さなカメラを搭載した内視鏡を用いて、直接、消化管粘膜を観察する方法で、一度で咽頭、食道、胃、十二指腸の観察が可能です。粘膜表面の色調や凹凸など微細な変化を詳細に観察でき、必要に応じて組織検査を行い、癌などの診断をつけることができます。また、最近増えている「逆流性食道炎」は、内視鏡検査でないと判断できません。
 当院は、患者さんに負担の少ない内視鏡検査に取り組んでおります。口径が細く、鼻孔から挿入するため、検査中の吐き気が少なく、検査が楽に受けられます。また、不安や苦痛を和らげながら検査を受けて頂けるよう安定剤等を使用して実施しております。

検査で異常が見つからないのに、症状が続く場合があると聞きます
 機能性ディスペプシアであると考えられます。胃もたれや、胸焼け、胃痛などの症状が続いているにもかかわらず、内視鏡検査では異常が見つかりません。従来は、慢性胃炎や神経性胃炎等の診断を下される事が多くありました。日本人の4人に1人が患っているという調査結果もあります。原因は、ストレスや不規則な生活、過労などによって自律神経が乱れ、胃の働きが低下したり、胃酸の刺激に敏感になったりすることで起こると考えられています。

健康管理のためのアドバイスをお願いします
 ちょっと体調が悪い時に気軽に診てもらったり相談にのってもらえるような、顔なじみのかかりつけ医を持つ事が大切です。
 当院は、内科や消化器科だけではなく、血圧が高いことを気にする方、コレステロール値が高いと指摘された方、頻尿や残尿感などの悩みを抱えている方、骨粗しょう症の方など実に様々な症状を持つ方々が受診されます。また一般的なケガなどの縫合にも対応しています。患者さんからよく話を聞き、丁寧な問診を心がけております。身近なかかりつけ医として皆様の健康管理にぜひお役立てください。

回答者
みやかわクリニック院長
宮川 隆平 先生
みやかわ.jpg
金沢大学医学部卒業。平成元年~平成7年東京女子医科大学 第2外科。平成8年~平成24年豊岡第一病院に17年間、外科医として勤務。平成25年みやかわクリニックを開院。内視鏡のスペシャリストとして、高い評価を得ている。


内科・消化器内科・外科 みやかわクリニック
tel.04-2950-4400
狭山市水野442-76
交通:西武新宿線入曽駅徒歩13分