読み物 - 生きる - 健康第一 - 【教えてドクターQ&A】入間市 産婦人科 小室医院

【教えてドクターQ&A】入間市 産婦人科 小室医院

Q尿漏れが続き、下腹部が張って重いような違和感があるのが気になります。
A性器脱(「子宮下垂」あるいは「子宮脱」)が考えられますので、早めに婦人科を受診する事をお勧めします。

「性器脱」とは?
 子宮が単独で、あるいは膀胱や直腸も巻き込んで下がってくる状態を総称して『性器脱』と言います。子宮が下がっていても腟の中に留まっている状態を「子宮下垂」、子宮が腟の外に飛び出している状態を「子宮脱」、子宮の一部だけが腟から覗いている状態を「部分子宮脱」と分類します。

原因はなんでしょうか?
 直接的な原因は、骨盤の中の臓器を支える「骨盤底筋群」の損傷や衰えです。加齢や分娩を重ねることで引き起こされますが、その上でいきんで腹圧をかけることも「骨盤底筋群」への負荷となるため、重いものをしょっちゅう持ったり便秘がちな方、さらにもともと体質的に筋肉がゆるむ方にも発症しやすいと考えられます。

どんな症状が出るのでしょう?
 子宮が下がってくると、まず「外陰部に違和感や不快感」を覚え、膀胱が一緒に下がると「頻尿」になり、くしゃみや咳で腹圧がかかると「尿漏れ」を起こしやすくなります。直腸も一緒に下がれば「排便障害」につながることも。『子宮脱』の場合は、腟外に出た子宮が下着と接することで、痛みが生じたり炎症を起こします。その結果、おりものの増加や出血がみられ、場合によっては歩行に支障をきたすこともあります。

どんな治療をするのでしょうか?
 軽い『子宮下垂』であれば、肛門を締める動作で骨盤底筋を鍛える「ケーゲル体操」を行います。また、シリコン製の「リングペッサリー」を腟の中に入れて、子宮が降りたり、腟外に出ることを防ぐ処置やシリコンゴム製のクッションをあてて、下着でカバーする方法もあります。
 進行した場合は手術が必要で、緩んだ組織を縫い縮める「腟壁の形成術」や、子宮の一部(子宮腟部)の切除、または子宮全摘出を行います。ご高齢で夫婦生活のない方は、腟口を閉鎖する手術も可能です。最近では、腟壁をポリプロピレンのメッシュで補強する方法も選択されます。
 『性器脱』は自然に良くなることが期待できる病気ではありません。おかしいなと思ったら、とにかく我慢せず早めに婦人科を受診することをお勧めします。

回答者
医)小室医院理事長
小室 順義 先生
小室.jpg
昭和46年慈恵医大卒業、同大産婦人科講師・助教授を経て、平成5年小室医院院長に就任。現理事長 医学博士、日本産婦人科学会代議員、日本産婦人科医会代議員、埼玉県産婦人科医会副会長、入間地区医師会会長。


産婦人科 小室医院
TEL 0120-12-9951
住所:入間市鍵山1-12-16 
   ☎04-2962-2951
交通:入間市駅北口より徒歩10分
受付:9:00~11:30、14:00~17:30
休診:水土午後、日・祭日 駐:有り
/* */