終活 - 元気な今こそ始めよう「終活」

元気な今こそ始めよう「終活」

「終活」とは、自身のエンディングを見つめることで「今」をよりよく自分らしく生きる活動の事です。
今回はそんな「終活」に役立つ情報をまとめました。ぜひ、保存版としてご活用ください。

イマドキ「終活」事情 
吉川 美津子(葬儀・お墓・終活コンサルタント)

趣味も仕事も現役、だから「終活」
 「終活」という言葉は、2009年に某週刊誌の連載記事により誕生した造語ですが、近年はシニアの間ですっかり市民権を得たキーワードとなりました。「人生の終焉に向けて行う活動」の略という意味ではありますが、実際は人生の幕引き準備というよりも、一度棚卸をして今後をより豊かに生きるためにはどうしたらよいかということを考える活動として捉える人が多いように思います。そんなアクティブシニアに活用していただきたいのがエンディングノート。エンディングノートとは、自分の身に何か起こったときのために、伝えておきたい事項を書き記しておくノートのことですが、エンディングノートを利用することで、やるべきこと、やりたいことの整理ができたという声をよく耳にします。「趣味も仕事も現役!」そんな人たちが終活を広めているのかもしれません。

「家族葬」「直葬」を希望する人が増えている
 近年、「家族葬」「直葬(ちょくそう)」と呼ばれる葬儀スタイルが急速に広まっています。家族葬とは、家族と故人の友人・知人数名程度が集うこぢんまりとしたお葬式のこと。通夜、葬儀・告別式は通常どおり行いますが、参列者が絞られるため、世間体と見栄から解放され、ゆっくりと故人と向き合うことができるというメリットがあります。 一方直葬とは、亡くなってから法律で定められている24時間を経過した後、儀式は一切行わずに火葬のみですませる葬儀スタイルのことをいいます。こういった簡素化・小型化の背景にあるのは、「家族に迷惑をかけたくない」という故人の思いや、「無駄な出費を省きたい」といった家族の思いから。たしかに「家族葬」「直葬」は、一般的に費用は抑えられますが、葬儀後に「訃報を知った」という人から絶え間なく挨拶があったり、それに対してお礼をしたり、精神的、金銭的負担が降りかかってくるケースも珍しくありません。葬儀後は相続や諸手続き、遺品整理等に追われ、ただでさえ遺族はかなりの負担を強いられるもの。葬儀はその場で完結するくらいの気持ちのほうが、結果的には合理的であるといえるかもしれません。

お墓は誰が継ぐ?
 お墓の相談事で最近増加しているのは「お墓の承継」についての悩みです。現代のお墓は基本的に「継ぐ人がいること」を前提として建てられ、次世代へ引き継いでいくものとされています。かつてお墓は長男などの家督相続人が継ぐものとされていましたが、現民法下では、基本的に長男に限らず次男でも、長女でも、もしくは兄弟が継いでもかまわないことになっているため、承継者の選択肢は以前より広がっています。ところが最近は少子高齢化や単身者世帯の増加などを背景に「継ぐ人がいない」といった問題や、逆に「継ぐべき墓が2つ以上ある」という悩みを抱える人は少なくありません。継ぐ人がいなくなると管理できなくなり、次第に墓は朽ちていきます。このような墓は、全国で4~5%程度あるといわれ、これらは無縁墓としていずれ処分されることになります。
 離婚や再婚などで家庭環境が複雑な場合や、子供がいない夫婦などが増え、墓の問題を抱えている人が増えているにも関わらず、誰に相談したら良いかわからないという意見を良く聞きます。そういった場合、菩提寺や霊園の管理者、もしくは石材店などに気軽に相談してみましょう。すでに先祖が眠っている墓についての問題を抱えているようであれば、その先祖に関わる親戚の意見を聞くことも忘れずに。

終活は制度や手続きを知ることも大切
 「終活を考えるようになったきっかけは?」と聞くと、「話題になっているから」「定年をきっかけに」のほかに、「衰えを感じて」という意見が多数返ってきます。任意後見制度や財産管理等、委任契約といったことを視野に入れ始めるのもこの時期。おひとり様なら、死後の葬儀やお墓、死後の事務手続きについても不安を感じるところです。家族がいても、遠方であるため連絡が取りにくいなど、家族のサポートを得にくい環境である人も少なくありません。最近は、施設へ入居する際に必要となる「身元保証」や、葬儀や納骨の支援を家族の代わりとなって行ってくれる企業・法人が多くあり、弁護士、司法書士、行政書士、税理士等との連携により窓口一本で諸手続きができるシステムを整えています。

「終活疲れ」に陥らないために
 終活は自分自身が自らの問題を直視して自分で決定するものですが、勉強しすぎて「終活疲れ」に陥ってしまう人も最近見かけるようになりました。人間は年齢を重ねるにつれ疲れやすくなりますから、普段の生活以上のことをするのは億劫になりがちでストレスも溜まります。実際、エンディングノートを購入した人の中で、最後まで書いたという人は2%程度に過ぎないといわれていますから、終活を完璧にできる人なんて無に等しいでしょう。人によって終活の内容は違います。遺産や相続の問題を最優先に掲げる人もいれば、自分の死後ペットをどうするかが最大の問題という人もいます。家や部屋の片付けから始めたいという人もいるでしょう。あれもこれもと取り組むより、始められるところからゆっくりスタートしてみてはいかがでしょうか。


吉川さん.jpg
吉川 美津子 (きっかわ みつこ)
大手葬儀社勤務、大手仏壇店・墓石販売業者勤務後、葬儀・お墓・終活コンサルタントとして活動。専門学校では葬祭関連学科の講師を務めている。一般社団法人「供養コンシェルジュ協会」理事。新刊「お墓の大問題」(小学館)より発売中。



※こちらは2016年8月現在の情報です



バナー