読み物 - 生きる - 健康第一 - 気になる症状Q&A 入間市 小室医院

気になる症状Q&A 入間市 小室医院

Q更年期にはまだ早い年齢だと思うのですが、イライラ・不安感・不眠などの症状に悩んでいます。(40歳女性)
Aいわゆる「プレ更年期状態」が考えられます。ためらわずに婦人科にご相談なさることをお勧めします。

 近年耳にするようになった「プレ更年期」とは、年齢的には更年期に至っていない30歳代後半から40歳にみられる更年期に似た不快症状のトラブルの事です。正式な医学用語ではないのですが、心と身体に様々な影響を及ぼす「プレ更年期」に悩む人が増加傾向にあるようです。

原因はどんなところにありますか?
 これは大きく二つに分けられます。早い時期に実際に卵巣機能が低下して、女性ホルモンが減少する事により、若いうちから更年期に似た症状がでてしまう方。こういった方は、血液検査でホルモン値を計ると低い数値が示されます。また、ホルモン値が下がっていないにも関わらず、諸症状が出てくる方もおられます。最近多いのはこちらのタイプの方です。日々の仕事や子育てなどのストレスの積み重ねによって自律神経の不安定状態が続くのに加え、睡眠不足・食生活の乱れ・喫煙などが加わると、ホルモンをコントロールする自律神経のバランスに不都合が生じてしまいます。これが「プレ更年期」の本態ともいえるでしょう。

どのような症状がでてきますか?
 実際の更年期のトラブルの症状に比べて、やや穏やかというのが特徴です。一般的に、些細な事で落ち込んだりイライラしたり、また寝つきが悪いとか眠りが浅いなど、体の内面に出る傾向が少なくないようです。また、生理不順や肌荒れ、冷え、頭痛などを訴える方もいらっしゃいます。

予防や治療法を教えて下さい。
 ご自身のホルモンバランスを確認した上で身体と向き合う事が大切です。普段の生活で基礎体温計を付けたりして、ホルモンの流れを確かめておくのも良いでしょう。治療としては、女性ホルモンを周期的に飲んでいただいたり、ホルモンの働きを正すために低用量ピルを使用したりします。症状によっては漢方薬を処方する場合もあります。
 まずは規則正しい生活を心掛け、ご自身の体力に応じた運動を取り入れてみるのも効果的です。過度のストレスが「プレ更年期」の引き金となるケースが多いので、適度に解消できる癒しの時間を設けるなどの努力も大切だといえるでしょう。

回答者
医)小室医院理事長
小室 順義 先生
小室.jpg
昭和46年慈恵医大卒業、同大産婦人科講師・助教授を経て、平成5年小室医院院長に就任。現理事長 医学博士、日本産婦人科学会功労会員、日本産婦人科医会代議員、埼玉県産婦人科医会会長、入間地区医師会会長。



産婦人科 小室医院
℡:0120-12-9951
住所:入間市鍵山1-12-16 
   ☎04-2962-2951
交通:入間市駅北口より徒歩10分
診療時間:9:00~11:30、14:00~17:30
休診:水土午後、日・祭日 駐:有り


※こちらは2016年12月現在の情報です