終活 - 川越市 サービス付き高齢者向け住宅 リアン川越

川越市 サービス付き高齢者向け住宅 リアン川越

安心して暮らせる家族的な温かいサービス
 今年の春にオープンしたサービス付き高齢者向け住宅「リアン川越」。介護・医療サービスと連携した、質の高いサービスで評判を呼んでいる。この話題の施設をレポートする。

介護のエキスパートが運営
安心の見守り体制
 サービス付き高齢者向け住宅(以下サ高住)とは、介護・医療と連携した高齢者を支援するサービスを提供するバリアフリー構造の賃貸住宅だ。一般的な賃貸住宅と同様に賃貸借方式で契約するので、多額の入居金を必要としない。60歳以上であれば原則だれでも入居できる。「リアン川越」の施設長吉田さんはこう語る。
 「ここを運営している㈱顧愛は狭山市など県内数か所で、訪問介護・居宅介護支援事業所などを運営していて、介護について高いノウハウと実績の積み重ねがあります。職員全員が介護の有資格者で、24時間入居者の方を見守っています」

介護度が進んでもずっと住み続けられる
リアン居室.jpg
 この建物には通所介護(デイサービス)が併設されているので、入居者にとっては心強いであろう。
「介護が必要な場合は、一般の在宅者と同じように介護保険を利用し、訪問介護やデイサービスなど、その人に合ったサービスを自由に選択する事ができます。介護保険でカバーしきれない部分は、オプションのサービスを利用して安心して住み続ける事ができます」と吉田さん。
 また提携医療機関による訪問診療、訪問薬局も実施されている。加えて医療機関に通院の際は、系列の介護タクシーを利用できるので費用の負担が少ないのもメリットだ。
「お薬を飲むのを忘れてしまったりしないように、スタッフがお薬の管理をしています。皆さんに好評なんですよ」

充実の生活支援サービスと食事
リアン談話室.jpg
 見守りや生活相談の他、郵便物の受け取りやタクシーの手配等を行う、フロントサービスや、ごみの回収・清掃サービス、緊急時の対応など生活全般を支援するサービスが整っている。
 また食費は1食400円から600円で、利用した分だけの支払いとなる。毎日・毎食利用すれば1ヶ月48000円。バランスのとれた温かい食事が提供される。共用の設備の整ったキッチンで自炊することもできる。

明瞭な安心の費用
 気になる費用だが、基本の賃料は52000円から55500円。これに共益費(水道・光熱費含む)20000円、生活支援サービスが28000円必要となる。介護保険を利用する場合は自己負担分が加算される。一般的なサ高住では契約の際に必要な場合が多い敷金・礼金だが、リアン川越では不要。初期費用の負担が少ないのもありがたい。
 安心して暮らせる家庭的なサービスが魅力のリアン川越。現在、体験や見学を随時受付中とのこと。気になる方は、気軽に問い合わせてみよう。

リアンデイサービス.jpg

リアン外観.jpg
サービス付き高齢者向け住宅
リアン川越
ご見学・ご体験随時受付中!
お気軽にお問合わせください!
☎049(265)6802
川越市  大字今福  858-1
(東武東上線川越駅西武バス【新所02本55】新所沢駅東口「今福」下車 徒歩6分
西武バス【本53本54】川越営業所行「今福中台」下車 徒歩15分)


※こちらは2017年6月現在の情報です







バナー