読み物 - 生きる - 住まい - 転ばぬ先の手すり

転ばぬ先の手すり

失敗しない手すりの選び方・取り付け方

 高齢になってくると、住み慣れたご自宅をもっと安全に快適に暮らせるように、床の段差を解消してバリアフリーに直したり、手すりもつけておこうと、元気なうちにリフォームしようと考えてしまうものです。「なにごとも、元気なうちに」が大切なのですが、介護を見据えたリフォームの場合は、元気なうちにが落とし穴になってしまう場合があります。こと、手すりに関しては、安易に取り付けると通行や動作の邪魔になったりする場合も多々見受けられます。
 手すりは、必要とする人の状態によって、必要な場所や形状、高さなどをよく考慮して取り付けなればなりません。お風呂や階段等の滑りやすく段差のある部分の手すりは、元気なうちから設置すべきだと思いますが、居室の壁や廊下などの手すりは、介護が必要になってからでも遅くはありません。でも、手すりを取り付けるにはしっかりとした下地が必要ですので、もしリフォームをする機会があれば将来を見越して補強するなどの措置をすることをお勧めします。
 次に各所に手すりを取り付ける際のポイントについてお話しします。
■玄関
 はき物を履いたり脱いだりや、段差を昇り降りします。また、ベンチを置いて立ち座りをする場合もあり、これら体重の上下移動を支える縦手すりが必要です。基本的には、上がり框の脇に縦手すりがあると段差の昇り降りが安全で、特にL型手すりが便利です。
■トイレ
トイレ手すり.jpg
 後ろ向きに廻って腰掛けたり、立ち上がったりする体重の上下移動のために縦手すりが使われます。また横手すりは、腰掛け姿勢を保つのに役立ちます。したがってトイレでは、立ち座りと座位保持にL型手すりが便利です。また、正面の壁に手の届きやすい横手すりや縦手すりがあっても、立ち座りに効果的です。
■浴室
手すり浴槽.jpg
 足元が滑りやすく転倒事故を防ぐため、洗い場では立座りの動作のために縦手すりが必要です。また洗い場での歩行には横手すりが身体を保持し、浴槽に出入りする際には浴槽と洗い場の間に縦手すりが非常に役に立ちます。また浴槽内での立ち座りや身体の姿勢保持にはL型手すりが便利です。
■階段
手すり階段.jpg
 手すりは両側設置がよいのですが、片側の場合は下る時の利き腕側です。手すりの端部は水平に200㍉以上伸ばします。高さは750㍉が標準です。
 また、ベッドサイドなど、手すりの設置の困難な場所には、置くだけのタイプのものもあります。
 手すりの工事は、介護保険を利用することができます。介護認定を受けている方は、ケアマネージャーに相談しましょう。手すり工事を含めた介護リフォームは、専門の知識と経験が必要です。実績のある業者を選ぶようにしたいものです。


※こちらは2017年7月現在の情報です