読み物 - 生きる - お金・資産 - リバースモーゲージとは?

リバースモーゲージとは?

老後の資金調達のため、持ち家を現金化
リバースモーゲージとは?

 自宅を担保にして老後資金を借りることができる「リバースモーゲージ」という制度をご存じだろうか? 平均寿命が延び、医療の高度・高額化、介護費用の増大などにより、老後資金の需要が増大している中、「リバースモーゲージ」は今大きな注目を集めている。

生きている間に返済する義務がない
リバースモゲージ.jpg
 最大の特徴は、返済の仕組みにある。生きている間に返済する義務がないのだ。亡くなった後、遺族などが手続きをして担保不動産を売却し、その代金で一括返済する。子どもがいない夫婦など死後に家は不要という世帯が、ゆとりある老後生活のために現金を借りるための商品といえる。リバースモーゲージを使った融資には、毎月、あるいは毎年一定額が融資される「年金方式」と、融資可能額の範囲内で、まとまった金額を一括して融資を受ける「一括融資方式」、そして決められた金額枠の中で、いつでも好きなだけ融資を受けることができる「随時融資方式」の3つがある。

様々な用途に利用可能
 資金の用途は生活資金としてはもちろん、余暇を過ごすための旅行資金やいま住んでいる住居のリフォーム、入院時の医療費や介護費用、有料老人ホームや高齢者向け賃貸住宅の入居資金などへの利用が考えられる。また、他の金融機関からの借り入れがある場合、その返済に当てたり、新たな住居への住み替え資金として使ったりと様々だ。(金融機関により利用目的が制限されている場合があり)
 現在、日本国内でリバースモーゲージを取り扱っている金融機関は、都市銀行のほか、一部の地銀、第二地銀、信託銀行と信用金庫などがあり、近年徐々に増加しつつある。また埼玉県では、社会福祉協議会が実施しており、資金の相談・申請窓口は、各市町村の社会福祉協議会が行っている。リバースモーゲージは担保の条件や資金の用途など、金融機関によって様々なので、よく比較・検討をする事が大切。リスクやデメリットもある事を理解して、上手に活用したい。


※こちらは2017年9月現在の情報です