読み物 - 生きる - 健康第一 - 入間市 富士美薬局

入間市 富士美薬局

まあ先生の健康らいふ[連載㊲]

今こそ脳の健康を考える
 脳は生命活動の維持に貢献し、様々な情報を処理する全身の総司令官です。重さは体重の2%ほどに過ぎませんが、心臓から出る血液の15%が脳へ供給され、さらに酸素消費量は全身の20%、エネルギー源であるブドウ糖消費量は25%を占めます。脳がその機能を維持するために大量の血液と、そこに含まれる多くの酸素とブドウ糖を必要とするため、大食漢な器官であるとも言えます。それゆえ、脳は他の臓器と異なり、合計4本もの血管から血液が供給されています。しかし、脳血管は加齢とともに硬くなり、血管の弾力性は低下します。これに身体活動量の低下も重なり、20歳と80歳の方を比較すると脳血流は20%も低下するとの報告があります。脳血流が低下すれば脳への酸素やブドウ糖の供給が減り、記憶力の低下など脳機能へ影響が及びます。
 一方、東洋医学の古典では認知症は痴呆と表現され、その治療法も古くから伝えられており、富士美薬局でも認知症予防や物忘れの漢方相談が増えつつあります。認知症患者及び認知症予備軍は増加傾向にあるため、脳の健康維持はとても重要です。ご興味のある方は無料相談のご予約をどうぞ。病院を受診なさっている方は、服用薬等も踏まえてご相談いたします。
ご予約はこちら☎04(2962)3595


富士美薬局
℡:04-2962-6595
住:入間市下藤沢490-3
営:9:00~20:00
休:日曜・祝日


※こちらは2017年10月現在の情報です