読み物 - 楽しむ - 遊ぶ・出かける - 初冬のお出掛けは「吉見百穴」

初冬のお出掛けは「吉見百穴」

吉見百穴(よしみひゃくあな)

よしみひゃくあな.jpg
 岩山に多数の穴、不思議な光景に目を奪われる吉見百穴。古墳時代後期の6世紀から7世紀に造られた集合墳墓で、穴の数は219個。このような遺跡としては日本一の規模とされる。穴の入り口は直径1メートル程度だが、内部はもう少し広くなっているものが多い。明治20年、当時東京大学大学院生だった坪井正五郎が発掘調査を行い、玉類、金属器、土器類などの遺物が出土した。坪井は日本の先住民族の住居と考えたようだが、集合墳墓という説が定説となっていった。
 百穴のもう一つの見どころとしてヒカリゴケ。関東平野におけるヒカリゴケの自生地は非常に貴重であり、「吉見百穴ヒカリゴケ発生地」として国の天然記念物に指定されている。

よしみ.jpg

吉見百穴(よしみひゃくあな)-国指定史跡-
埼玉県吉見町大字北吉見324番地
交通/東松山駅から川越観光バス東松02系統:鴻巣免許センターゆき・鴻巣駅西口ゆきで5分「百穴入口」バス停から徒歩5分。
関越自動車道 東松山ICから鴻巣方面へ約15分。
電話/0493-54-4541
観覧料/中学生以上 300円 小学生 200円
小学生未満 無料
定休日/年中無休
駐車場/普通200台/大型4台 無料
営業時間 8:30~17:00


※こちらは、2017年11月現在の情報です