読み物 - 生きる - 健康第一 - 気になる症状 Q&A 産婦人科 小室医院

気になる症状 Q&A 産婦人科 小室医院

Q.憂鬱感・イライラが続き定期的に不眠に悩んでいます。閉経していますが、更年期障害が原因でしょうか?(50歳女性)
A.更年期の時期や症状は、個人差があります。我慢せず婦人科を受診し、自分に合った治療法を見つけましょう。

 閉経を迎える45歳から55歳前後には、卵巣から出される女性ホルモンの分泌が急激に減少します。この急激な変化で脳の自律神経系に影響を与え自律神経失調症をきたします。これが更年期障害の主な原因となります。同時にこの年齢の女性の方は、ご主人の定年、親ごさんの介護、お子さんの進学や就職、結婚など、ご自身を取り巻く環境の変化によるストレスが多くかかる時期です。ホルモンの失調状態に追い打ちをかけるようにストレスが発症の引き金となり、辛い症状を訴える方も少なくありません。性格面では神経質で几帳面な方が起こしやすいとされます。

どのような症状がありますか?
 突然に沢山の汗をかく、首から上が急に熱くなるホットフラッシュ、身体のほてりを感じる、肩こりや腰痛、手足のしびれに悩む血管運動神経症状、何となくイライラする、不安感で内向的になる、寝つきが悪いなどの精神神経症状、トイレが近く尿漏れをする、入浴や排尿時に粘膜にしみる感じがあるなどの泌尿・生殖器症状が主なものとしてあげられます。この他にも、長期的に低ホルモン状態が続くと骨粗しょう症や血液中の脂質の増加により動脈硬化などの発症に繋がりますので注意が必要です。

予防法や具体的な治療法を教えて下さい
 日々のストレスの積み重ねが自律神経の不安定さを引き起こし、更年期障害の症状を強める可能性がありますので、これを上手く回避できると良いでしょう。普段からストレスが溜まりにくい規則正しい生活を心掛けること。それには十分な睡眠の確保、適切な食習慣、身体に合った運動、リラックスできる癒しの時間(趣味など)を取り入れるなどがお勧めです。
 更年期障害の治療を行うに当たっては、その症状の原因となる他の病気がない事が前提となります。具体的には、運動療法や精神療法がある中で、即効性が期待できるのは薬物療法です。減少した女性ホルモンを薬によって補うホルモン補充療法(HRT)がメインとなりますが、場合によっては漢方薬の処方やプラセンタ注射なども有効な治療法の一つです。HRTは大分進化しており、ジェルやパッチで補う事ができるようになって、副作用もほとんどなく手軽に安心して治療を受けられます。

更年期障害とうまく向き合うためには?
小室待合.jpg
 更年期の不快症状は生涯悩む事ではありませんが、適切な対応で安心して生活を送ることが出来るようになります。「じっと我慢するしかない」という少し前の考えでは、失われるものが計り知れません。適正な検査や検診を続け正しく使用する限り、HRTや漢方療法は決して面倒なものではありません。ご自身やご家族の為にも上手に治療を受け快適な更年期を過ごし下さい。


小室先生.jpgのサムネール画像
回答者
医)小室医院理事長
小室 順義 先生
昭和46年慈恵医大卒業、同大産婦人科講師・助教授を経て、平成5年小室医院院長に就任。現理事長 医学博士、日本産婦人科学会功労会員、日本産婦人科医会代議員、埼玉県産婦人科医会会長、入間地区医師会会長。


産婦人科 小室医院
☎0120-12-9951
住所:入間市鍵山1-12-16 
℡.04-2962-2951
交通:入間市駅北口より徒歩10分
診療時間:9:00~11:30、14:00~17:30
休診:水土午後、日・祭日 駐:有り


※こちらは、2017年12月現在の情報です。