読み物 - 楽しむ - 遊ぶ・出かける - 冬のお出掛け「三十槌の氷柱」

冬のお出掛け「三十槌の氷柱」

三十槌の氷柱.jpg
 三十槌の氷柱(みそつちのつらら)は、秩父市の大滝地区、荒川沿いの断崖に自然にでき上がる巨大な氷柱群。近年メディアなどで取り上げられ、多くの人でにぎわっている。河畔から湧き出た石清水が幅30m、高さ10mにわたって氷柱状に氷結。自然が造り出した造形美は見事で、夜にはライトアップが行われ、幻想的な風景を楽しむことができる。
 秩父には他にも、あしがくぼの氷柱、尾ノ内渓谷の氷柱があるが、天然の氷柱はここだけで希少な存在だ。近くには、日帰り天然温泉がある「道の駅大滝温泉」や、パワースポットで有名な三峯神社もあるので、一緒に立ち寄るのもいいだろう。

三十槌の氷柱2.jpg
三十槌の氷柱(みそつちのつらら)
秩父市大滝4066-2(ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場)、秩父市大滝4011-1(槌打キャンプ場)
交通 : 西武秩父駅または秩父鉄道三峰口駅より西武観光バス三峯神社線
開場期間 : 2月18日(日)まで
(氷の状況により終了が早まる場合あり)
ライトアップ : 2月12日(月)まで
環境整備協力金 : 200円(中学生以上)
【平日】17:00~19:00 【土・休日】17:00~21:00
場所 : ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場
問合せ : ℡0494-55-0707 秩父観光協会大滝支部


※こちらは2018年1月現在の情報です