読み物 - 生きる - お金・資産

最新の記事

  • 2017年09月29日
    相続・豆知識
    代襲相続とは  被相続人(亡くなられた方)の死亡以前に、相続人となるはずの子が死亡した場合や一定の理由で相続権を失った場合(相続欠格、廃除)には、その子の子(孫)が相続人になります。これを代襲相続といいます。直系卑属の場合は孫、ひ孫・・・と代襲相続は続きます。しかし、兄弟姉妹の場合はおい・めいまでしか、代襲相続することができません。※こちらは2017年8月現在の情報です...