連載 小さな旅 - 東松山

東松山

平和への祈りを込めて、都幾川は今日も流れる。


平和を願って、二つの施設

 埼玉県、東松山市。ここには奇しくも平和への祈りを込めた二つの施設がある。ひとつは、「原爆の図」を常設展示している丸木美術館。もうひとつは昭和の戦争資料展示を行っている埼玉県平和資料館である。
 丸木美術館は、都幾川を見下ろす高台にあった。設立者丸木位里が、故郷、広島の太田川に似た風景を探してこの地にたどり着いた。実体験の元に描かれた「原爆の図」は、丸木位里・丸木俊夫婦による合作で、世界中の人々に原爆の恐ろしさを伝えた。水墨画を学んだ丸木位里の大胆な墨による表現と、洋画を学んだ丸木俊の緻密なデッサンによるその絵は、見る物の心を強く揺さぶる。
 埼玉県平和資料館は、物見山公園内にあり、第二次世界大戦時の資料を、当時の市民の暮らしの様子を中心に展示。当時の小学校、国民学校や、防空壕が館内に再現してある。館内にある展望塔からは、関東平野が一望できた。

名物「焼き鳥」を食す

市内には「やきとり」と書かれた赤ちょうちんがあちらこちらに目に付く。東松山で焼き鳥と言えば、豚の頭肉の事。じっくりと炭火で焼かれ、辛味の効いたみそだれでいただく。ビールとの相性はバツグンだ。

武蔵野の自然が広がる東松山。訪れたのは、桜満開で鶯の鳴き声が聞こえる春爛漫の時。これから5月上旬にかけて、東松山ぼたん園では見ごろを迎える。約3万平方mの起伏のある丘陵に咲く、約300種類のボタンは圧巻だ。
1.原爆の図丸木美術館内部
原爆の図丸木美術館
〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1401
TEL:0493-22-3266 FAX:0493-24-8371
ホームページ
2.東松山ぼたん園(写真提供:東松山市役所商工観光課)
東松山市大谷1148-1
東松山市観光協会 0493-23-3344
料金:大人500円、小・中学生100円
   (4月下旬~5月上旬の開花期間中)
東武東上線東松山駅からタクシーで10分
ホームページ
3.埼玉県平和資料館展望棟
4.防空壕が再現された埼玉県平和資料館内部
埼玉県平和資料館
〒355-0065 東松山市岩殿241-113
TEL:0493-35-4111 FAX:0493-35-4112
料金:大人100円、65歳以上中学生以下無料
東武東上線東高坂駅西口からバス「鳩山ニュータウン行き」大東文化大学下車徒歩5分
ホームページ
5.赤ちょうちん
東松山市内では、午後4時を過ぎると、市内のあちこちで、焼き鳥の赤ちょうちんがひかり始める。
6.東松山名物焼き鳥
店独自にブレンドされた、秘伝のみそだれでいただく。
名物「やきとり」(東松山市観光協会)

 (写真・文:山本英二)

バナー