連載 小さな旅 - 富山

富山

水と緑のまち 東洋のベニス 富山への旅

庭のような美しい景観 
松川遊覧船で七橋めぐり
富山観光遊覧船(株) 
予約センター(事務所)
 富山市丸の内2-2-21 
 平日9:00~17:00  
 (12:00~13:00を除く)
電話:076-425-8440 
ホームページ


北陸新幹線開通で近くなった富山

 今年3月に北陸新幹線が開通、富山・石川県方面がぐっと身近な存在になった。今回の旅はちょっと足を伸ばして、富山の旅をお届けする。
 大宮から富山まで北陸新幹線「かがやき」で約1時間45分。真新しい富山駅を降りると、路面電車の行き交う美しい街並みが出迎えてくれる。富山市は、人口42万人余りの城下町。「コンパクトシティ」をコンセプトに、公共交通を活性化することで、車に頼らない、歩いて暮らせるこぢんまりとしたまちづくりを進めている。


北陸新幹線「かがやき」

富山市内をはしる「セントラム」という愛称の路面電車。
低床式でドイツの技術の導入で作られた。

遊覧船でゆらーりと城下町

 富山の街を歩いて感じるのは景観の美しさ。特に、富山城、県庁、市役所が建つ松川沿いと城址通り周辺は素晴らしい。街全体をひとつの美術館に見立てているというのも頷ける。松川は、かつて富山市内の中心部を流れていた神流川の名残り。富山城の天然の外堀となっている。そこに就航している遊覧船は、富山市内観光のハイライト。春は500本の桜の中を、夏は涼やかに緑のトンネルを抜け、昭和10年に竣工した桜橋などの7つの橋と出会いながら、富山の風情をゆったり堪能できる。


七橋めぐりのひとつ桜橋。
国の登録有形文化財。

松川遊覧船は貸切クルーズが可能。
希望の時間に合わせて、飲み物、お弁当なども手配が可能だ。

 また富山は、日本を代表する作曲家、滝廉太郎が小学校時代を過ごした地。富山城内にある小学校で学び、壊されていく富山城を見て育った体験から、名曲「荒城の月」の曲想を得たとされる。遊覧船の船着場でもある松川茶屋には、滝廉太郎記念館があるので、往時に思いを馳せるのも一興だ。

滝廉太郎記念館(松川茶屋内)
富山市本丸1(上司公園内)
電話:076-431-5418

富山市内を一望

 富山市役所には、市内を一望できる地上70mの展望塔があり、360度の大パノラマを観覧することができる。観覧料は無料。10月までの期間は夜9時まで開いているので、昼は雄大な立山連峰を背景にした富山の美しい街並みを、夜は宝石が散りばめられたような夜景を堪能しよう。
ホームページ


県庁前の大噴水

市役所の展望塔からの夜景

 水と緑に囲まれた富山は街全体が「人」に寄り添っていると言う印象。あくまでも主役は人なのだ。出会った人たちは、皆親切で優しい郷土愛に満ちあふれていた。再訪を誓った今回の富山の旅だった。

富山嬢の歴史がわかる博物館
富山市郷土博物館
富山城址公園の一角に建つ富山城。この天守閣は戦災後(1954年)に建設されたもので、内部が博物館となっている。戦国時代に築城されてから現在にいたるまで、400年以上にわたる富山城の歴史が、模型や映像を使ってわかりやすく紹介されている。前田利長が使用したといわれる高さが140cmもある兜は必見。
富山市本丸1-62(富山城址公園内)
電話:076-432-7911
営業: 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休:年末年始、臨時休館日有
料金:一般210円、小中学生100円
ホームページ
薬の町富山を体感
池田屋安兵衛商店


置き薬で見覚えがある懐かしい薬が並ぶ

丸薬作りの実演の様子
富山と言えば薬売り。「池田屋安兵衛商」は、全国に名の知られている「越中反魂丹」の製造元。丸薬作りの体験もできる。店内には、懐かしいパッケージの富山の薬販売も行っている。店の2階では薬膳料理を楽しむことができる。
富山市堤町通り
1丁目3-5
電話:076-425-1871
営業:10:00~18:00
休:年末年始
ホームページ
富山市内の観光に
ホテル グランテラス富山
JR富山駅、富山城址公園から共に徒歩5分。目の前には電車も走っているので交通のアクセスは抜群。富山市内の観光にうってつけだ。スカイレストラン・ルーバンでは、雄大な立山連峰を眺めながら食事が楽しめる。
富山市桜橋通り2-28
電話:076-431-2211
ホームページ
富山のお土産・美味しいもの
お土産、観光の情報収集なら
いきいきKAN

富山の名産の全てが揃う

富山県内の観光パンフが勢ぞろい
JR富山駅の正面のCiCビル5階にある。富山県各地の観光情報の提供と物産の販売を行っている。ます寿司ミュージアム、くすりのミュージアム、チンドンミュージアムなど富山ならではの展示のほか、そば打ちや、ます寿し作り、ガラス工芸などの各種体験もできる。
富山市新富町1丁目2番3号
(富山駅前CiC5階)
電話:076-444-7120
営業:10:00~20:00
休:第3火曜日
ホームページ
お土産に人気の銘菓
月世界本舗
サクッとした歯ざわりの後、口の中でふわっと溶けていく独特の食感。富山を代表する銘菓「月世界」だ。日本茶は言うに及ばず、ブラックコーヒーにもよく合う。軽くて、日持ちするのでお土産に最適。
富山市上本町8-6
電話:076-421-2398
営業: 9:00~18:00 休:日曜日
ホームページ
富山名物、ます寿しの老舗
元祖 せきの屋
緑の熊笹、純白の米と桜色のマスの対比が美しい人気のます寿し。明治11年創業以来、かたくなに守り通している手づくりの秘法によって受け継がれた味に、熱心なファンも多い。
富山市七軒町4-11
電話:076-432-8448
営業: 9:00~18:30 休:水曜日
ホームページ
富山かまぼこなら
梅かま 梅かまミュージアム U-mei館

婚礼用の細工かまぼこ

細工かまぼ製造工程を見学できる
富山ならではの昆布巻きかまぼこや婚礼用の細工かまぼこを手掛ける県内最大の老舗かまぼこ店。梅かまミュージアムU-mei館は富山かまぼこの博物館で、職人の細工の技を見学できる。また、蒲鉾の歴史をパネル・ビデオ・紙芝居などで見たり、定番の昆布巻き、赤巻やライスバーなど梅かまの商品試食もできる。
富山市水橋肘崎482-8
電話:076-479-1850
営業: 9:00~16:30(平日・土) 9:00~16:00(日・祝) 休:水曜日
ホームページ

富山の観光に関するお問い合せ先
富山市観光連盟  電話:076-441-7722 ホームページ
富山市観光協会  電話:076-439-0800 ホームページ
富山市観光振興課 電話:076-443-2072 ホームページ


 (写真・文:山本英二)


バナー