50歳からの「生」と「性」 - 第1回 年と共に変化するカラダを知ろう

年と共に変化するカラダを知ろう

中高年のセックスレス増加 さびしい夫婦関係と性モラルのゆるみが原因?


    図A 中高年夫婦のセックスレスが、ここ10年で急増しているという。 アンケートでは、男女共に配偶者への愛情を失った人が2~3倍に増えており、離婚願望も増加。不倫願望は男女共に倍増、実際の不倫関係が3倍となっている。 日本性科学会の医師や臨床心理士らで作る『セクシュアリティ研究会』代表者の荒木乳根子氏は、この10年間の中高年夫婦のセックスレス急増の理由は、男女共に加齢による性欲減退が主な原因ではなく、こうした「夫婦関係の希薄化」や「性規範の緩み」だと指摘。 とはいえ、親子中心型の日本の夫婦が「セックスフル」だった時代はもともと存在しない。その原因は、「性」が下半身の問題としてタブー視されてきた文化にあり、その一方で過剰なポルノの氾濫により「老い」と「性」とが切り離された結果でもある。

人間はいつまでセックスできるのか?中高年の性の真実


    図B 性を科学として捉える欧米では、セクソロジー(性科学)という学問が確立されており、高齢者の性についても精力的に研究が行われている。一方、高齢者の性に偏見が強い日本では「70過ぎれば人畜無害」などという戯言を未だに信じている人も多い。 しかし、医学博士の石濱淳美氏は「生物にとって食と性はもっとも大切な生理現象であり、食わねば死に、交わらねば滅びます。もちろん人間も、健康であれば死ぬまで食事をし、死ぬまでセックスできるものなのです」と言い切っている。
    中高年が性に消極的になることの原因のひとつに、「性ホルモンの衰退」という考えがあるが、性ホルモン分泌のピークの山は二つあり、ひとつは思春期、もうひとつは更年期前後だ。以降も死ぬまで完全に涸れ果てることはない。それどころか、脳から出る性ホルモン(ゴナドトロピン)は50過ぎでは20代の倍以上分泌されている。

年とともに変化していくカラダの状態を正しく知ろう


    とはいえ、加齢によって性的能力や性反応が衰えることも事実。男女共にお互いの状態を正しく知って、相互理解を深めよう。
    〈男の事情〉
     男性ホルモン(テストステロン)の低下により、性欲の低下やED(勃起障害)を招く「男性更年期障害」が起こる。自覚症状があれば泌尿器科で相談を。性反応としては、ペニスの硬度が弱まり、勃起までに数分を要する。
    〈女の事情〉
     閉経前後の女性ホルモン(エストロゲン)の低下により、ほてり、のぼせ、発汗などの不快症状がある「女性更年期障害」が起こる。自覚症状があれば婦人科で相談を。性反応としては、挿入時の膣の隆起や収縮が弱まる。また、膣粘膜が委縮して膣壁の伸びが悪くなり、性的に興奮した時の生理現象である膣潤滑液の出が悪くなり、性交痛が起こる。
    図C

    第2回 生きる力を呼び覚ます性 >

バナー

/* */